【公式HP】 ザ・レジデンス小田原三の丸 全64邸 / 新築分譲マンション / 日本物産株式会社

SECURITY

邸宅としての質を高める安心と快適性。
24時間体制のセキュリティシステム

□ 綜合警備保障(ALSOK)と提携した
24時間体制のセキュリティシステム

ALSOK

マンション内の建物・設備の異常や専有部の各種警報等に、遠隔機械監視によって対応する365日・24時間セキュリティシステムです。


オートロック

□ オートロック

風除室でエントランスの来訪者を住戸内でカラーモニターと音声で確認できます。音声と画像で確認できる防犯性の高いシステムです。

敷地の外周部・共用部を守るシステム

防犯カメラ

□ 防犯カメラ

エレベーターや共用部の各所に防犯カメラを設置し、不審人物の侵入等の制御に配慮いたしました。

エレベーター防犯窓(2〜10階)

□ エレベーター防犯窓(2〜10階)

各フロアから、内部を確認できる防犯窓付きのエレベーターを設置。女性やお子様ひとりでも安心して利用できます。
※1階部分を除く

防犯モニター付エレベーター

□ 防犯モニター付エレベーター

内部を確認できる防犯モニターを1階に設置。内部の状況を確認できるので、いたずらや犯罪を未然に防ぐ効果があります。

カメラ付集合インターホン

□ カメラ付集合インターホン

集合玄関(風除室)には、カメラ付き集合インターホンを設置。不審な人物の侵入を抑えます。

ICチップ内蔵ノンタッチ式キー

□ ICチップ内蔵ノンタッチ式キー

ICチップ内蔵ノンタッチ式キーをかざすだけで集合玄関のオートロックを解除できます。
※鍵:ノンタッチキー4本含む計6本

住戸内のセキュリティ対策

カメラモニター付ハンズフリーインターホン

□ カメラモニター付ハンズフリーインターホン

受話器を持たずに、風除室・サブエントランスの来訪者と通話ができ、カラーモニターで姿が確かめられるインターホンを採用。

プログレッシブシリンダーキー

□ プログレッシブシリンダーキー

複製が困難な防犯性を高めたディンプルタイプのプログレッシブシリンダーキーを採用しました。

防犯センサー

□ 防犯センサー

1階住戸の窓に防犯センサーを設置。不審者の侵入を感知して警報を発します。

防犯サムターン

□ 防犯サムターン

不正解錠をすることが困難な防犯サムターンを取り付けました。

鎌付デッドボルト

□ 鎌付デッドボルト

バールなどによる不正解錠を防ぐ鎌付デッドボルトを採用。

ドアスコープカバー

□ ドアスコープカバー

住戸内が覗かれるのを防ぐと共にドアスコープを通して室内の明かりが外に漏れないよう、ドアスコープにカバーを設けました。

ダブルロック・プッシュプルドアハンドル

□ ダブルロック・プッシュプルドアハンドル

玄関ドアの2カ所に鍵穴を設けたダブルロックで防犯効果を高めました。ワンアクションで開閉ができる、操作しやすいユニバーサルデザインです。




STRUCTURE

安全な暮らしを真摯に追求した建物構造。
大きな面で支える直接基礎

□ 大きな面で支える直接基礎

大きな「面」でしっかりと支える「直接基礎」を採用。地下約3.8m〜約4.5mの比較的浅い位置に強固な地盤を有するからこそ実現できた基礎構造です。

溶接閉鎖型帯筋

□ 溶接閉鎖型帯筋

耐震性を高め、大切な住まいを守る柱帯筋には、つなぎ目を少なく主筋を束ねる「溶接閉鎖型帯筋」を採用しています。
※一部を除く

ダブル配筋

□ ダブル配筋

鉄筋は耐久性を高めるダブル配筋(一部戸境壁・一部外壁)やチドリ配筋(一部外壁)を採用。確かな建物構造により、耐震性・耐久性を高めています。

外壁・戸境壁

□ 外壁・戸境壁

外壁は約150〜180mmのコンクリート(一部を除く)壁厚を確保し一部を除く断熱性を高めています。戸境壁は約180m厚コンクリートとしてプライバシーに配慮しています。

地盤調査

□ 地盤調査

地盤の許容支持力を割り出すために、事前に敷地調査とボーリング調査、標準貫入試験などの地盤調査を実施しています。

床構造・二重天井

□ 床構造・二重天井

ゆかコンクリート厚は約200mmを確保し、上下階間の遮音性能を高めました。リフォームやメンテナンスに配慮しました。

アウトフレーム設計(バルコニー側)

□ アウトフレーム設計(バルコニー側)

リビング・ダイニングの中に柱の出っ張りがない、アウトフレーム工法の採用で、お部屋が広々スッキリと使えます。

フラットフロア

□ フラットフロア

つまずきによる事故を未然に防ぐために、キッチンや洗面化粧室、和室、浴室の床段差を解消しました。

耐震枠の玄関ドア

□ 耐震枠の玄関ドア

玄関ドアには耐震枠を採用。地震の際、ドアやドア枠の変型により開閉できなくなるのを防ぎます。

環境に配慮した先分岐工法

□ 環境に配慮した先分岐工法

室内の給水・給湯用配管には熱や腐食に強い架橋ポリエチレンを使用した先分岐工法を採用しました。

地震時・停電時自動着床装置付エレベーター

□ 地震時・停電時自動着床装置付エレベーター

地震を感知すると運転中のエレベーターを最寄りの階に停止させ、停電時にも無事に最寄り階に止まります。

共用部の地震保険

□ 共用部の地震保険

地震を原因とする火災や損壊などによって建物共用部に損害が生じた場合に保険金が支払われる地震保険をご用意しています。

CASBEEかながわ

□ CASBEEかながわ

「CASBEE」とは、建築物の「環境品質」と「環境負荷」を同時に評価する全国共通の評価システムです。

住宅性能表示 等級3を取得

□ 住宅性能表示 等級3を取得

劣化対策等級3を取得。通常想定される自然条件及び管理維持条件下で、3世代まで構造躯体など大規模な改修工事を伸長する対策が講じられています。

省エネルギー対策 最高等級4

□ 省エネルギー対策 最高等級4

「省エネ法」が改正され、平成27年4月より新基準が設けられました。それに伴った最高等級4の省エネルギー対策に対応しています。


住宅性能評価

□ 住宅性能評価

国土交通大臣の登録を受けた住宅性能評価機関により住宅設計性能評価の評価書を取得。

防災備蓄倉庫

□ 防災備蓄倉庫

1階メールコーナー付近に防災倉庫を設置しました。非常時のために備えます。(予定)

□ 津波等による避難施設

地震による二次災害などを想定して、屋上の一部と3階以上の共用廊下及び屋外階段を緊急一時退避場所としても使用する予定です。

掲載の写真はモデルルームGタイプを撮影(平成30年2月)したものを一部CG加工したもので、造作家具等の有償オプションも含まれます。 家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。また、形状・仕様・色等は実際とは異なります。
ザ・レジデンス小田原三の丸新築マンション来場予約